歯 白くする 家

歯を白くするのは家でも簡単にできます

歯 白くする 家
歯を白くするのは家では難しい!

 

・・・そんな風に考えている方はすごく多いです。

 

かといって、歯科クリニックやホワイトニング専門のサロンで白くしてもらうのは、

  • 面倒くさい
  • 高額な費用が発生する
  • ホワイトニング効果が長続きしない

と言ったデメリットがあるので、どうしても躊躇してしまいますよね。

 

特に、金銭的な負担は大きく、これがネックになっているという方は多いでしょう。

 

歯を白くするのは、医療行為ではなく審美歯科と考えられるため、健康保険や社会保険が適用されず、基本的に全額実費となります。

 

そのうえ、ホワイトニング後、半年〜1年ほどで再び黄ばみが出てくることが多いので、どうしても費用対効果を考えると勿体無いと感じがちです。

 

それでは、どうしたらもっと手軽かつ安価に、歯を白くできるのでしょうか?

 

おすすめはホワイトニング専用の歯磨き粉の使用です

歯 白くする 家
先に答えを言ってしまいましたが、クリニックやサロンのホワイトニングを躊躇している方におすすめなのが、ホワイトニング専用の歯磨き粉の使用です。

 

歯磨き粉なら、家でも簡単に歯を白くできますし、いつもの歯磨き粉と変えるだけなので、何の手間も掛かりません。

 

しかも、比較的手ごろな値段で手に入るのも嬉しいポイントです。

 

・・・とはいえ、歯を白くする歯磨き粉にも色々な商品があって、効果があるもの、無いものと様々です。

 

そこでここでは、費用対効果の高い、おすすめの歯磨き粉ランキングを作成してみましたので、ご紹介します。

 

家で簡単に歯を白くしたい!と言う方は、ぜひ最後までお付き合いくださいね。

自宅での歯のホワイトニングにおすすめ!薬用ちゅらトゥースホワイトニング

歯 白くする 家

おすすめ1位 薬用ちゅらトゥースホワイトニングの特徴

薬用ちゅらトゥースホワイトニングの特徴は、

  • ユーザーが選ぶおすすめホワイトニング商品1位
  • ポリアスパラギン酸が黄ばみやステインをしっかりと除去
  • ビタミンC、リンゴ酸が歯の汚れをきっちり落とす
  • GTO配合で、虫歯リスクをとことん軽減
  • 口臭予防にも効果的
  • プロの歯科医師も絶賛するホワイトニング能力

と言った点です。

 

また、コスパが非常に良く、お財布に優しいのもうれしい点です。

 

価格 3,980円
内容量 30g
1日あたりの価格 133円(1日2回)

 

歯 白くする 家

 

自宅での歯のホワイトニングにおすすめ!リリーホワイト

歯 白くする 家

おすすめ2位 リリーホワイトの特徴

リリーホワイトの特徴は、

  • 世界一の歯科先進国スウェーデン生まれ
  • イソプロピルメチルフェノールが歯茎までキレイに
  • ビタミンE酢酸エステルが黄ばみも口臭も改善
  • グリチルリチン酸ジカリウムの抗炎症、殺菌作用で口内を清潔に保つ
  • ポリリン酸ナトリウムが強力にホワイトニング&汚れの再付着を防止

と言った点です。

 

また、お得な定期コースで購入しても、受け取り回数や期間に縛りが無い点が嬉しいです。

 

価格 3,980円
用量 30g
1日あたりの単価 115円

 

歯 白くする 家

 

自宅での歯のホワイトニングにおすすめ!プレミアムブラントゥース

歯 白くする 家

おすすめ3位 プレミアムブラントゥースの特徴

  • 世界5カ国で売上1位
  • オーガニック成分で安心・安全
  • ココナッツオイルのラウリン酸が抗菌・抗ウイルスに効果的
  • ウーロン茶エキスが歯垢や汚れの再付着を防止
  • 茶カテキンの抗炎症作用で、口内をいつも清潔に
  • パパインが黄ばみの元となるタンパク質を徹底除去

と言った点が特徴です。

 

また、90日間の返金保証付きで試せるのも嬉しいポイントです。

 

価格 3,980円
用量 30g
1日あたりの単価 133円

 

歯 白くする 家

歯を白くするために必要なこととは?

歯 白くする 家
そもそも、歯を白くするために必要なこととは何なのでしょうか?

 

それには2つのポイントがあり、

  1. 黄ばみの原因を除去すること
  2. 歯のエナメル質を傷つけないこと

の両方をしっかりと行えないと、あまり意味がありません。

 

まず、しっかりと黄ばみの原因を除去できることは、当然ですよね。

 

歯の黄ばみの原因は、

  • タバコのヤニ
  • コーヒーやお茶、ワインなどのポリフェノール
  • 食べ物に含まれる色素

と言ったものが挙げられます。

 

これらをしっかりと除去するのは、当然歯を白くするために必須の条件ですよね。

 

それに加えて、黄ばみをしっかり落としつつ、歯のエナメル質を傷つけないことも重要になります。

 

と言うのも、歯の表面を保護しているエナメル質が傷ついてしまうと、虫歯になりやすくなってしまいます。

 

いくら歯が白くなっても、虫歯になってしまっては意味がありませんよね。

 

また、エナメル質に付いた傷の隙間に、上で挙げた黄ばみの原因が入り込みやすくなる為、一度歯が白くなっても、再び黄ばんでしまう原因になります。

 

ですから、本当の意味で歯を白くするためには、

 

「汚れをしっかり落としつつ、歯を傷つけない」

 

という、相反する効果が必要なんです。

そもそも、歯の黄ばみの原因とは?

そもそも、元々は白いはずの歯がなぜ黄ばんでしまうのでしょうか?

 

それには、大きく分けて2つの原因が考えられます。

 

1.食べ物、飲み物など、外的要因による黄ばみ

歯 白くする 家
私たちが普段摂取する食べ物や飲み物に含まれる色素。

 

歯の表面を保護するエナメル質に、食品の色素が付着すると、黄ばみを発生させる原因となります。

 

特に、色素の濃いコーヒーや赤ワイン、緑茶などは、歯を黄ばませる大きな要因となってしまいます。

 

また、たばこのヤニも外的な黄ばみの原因となります。

 

これらの汚れを総称するのが「ステイン」という言葉ですが、ステインが付着する心配が無い食品は、残念ながらほとんどありません。

 

2.加齢、薬の影響など、内的要因による黄ばみ

歯 白くする 家
外的要因による黄ばみは、歯のエナメル質へのステインの付着が原因でした。

 

しかし、内的要因の場合は、歯本体の象牙質自体の変色による黄ばみとなります。

 

その原因として最も多いのが、加齢です。

 

歯の新陳代謝が繰り返されるほど、象牙質自体が変色していきます。

 

加えて、毎日の歯磨きや食事により、エナメル質も薄くなっていくため、黄色く変色する原因となります。

 

また、永久歯が生成される期間(0歳〜8歳頃)までに、テトラサイクリンという成分を含む抗生物質を服用した場合、歯に黄ばみが生じたり、エナメル質の形成不全が起こることもあります。

 

ただし、現在ではこのような副作用が考えられるため、乳幼児期にテトラサイクリン系の抗生物質が処方されることはほとんどなくなっています。

 

自分で歯を白くできるのは外的要因の黄ばみ!

歯の黄ばみの原因には、外的要因と内的要因がありました。

 

このうち、自分で歯を白くできるのは、外的要因の黄ばみの場合となります。

 

歯の象牙質自体が変色してしまった場合や、薬による影響で黄ばんでしまった場合、どれだけ凄いホワイトニング成分が入っていても、白くすることは不可能なんです。

 

逆に、外的要因による黄ばみなら、歯を白くするホワイトニング歯磨き粉を使用することで、家でもしっかりと真っ白な歯にすることが可能です。